永見行崇の論理

ピアニスト永見行崇・音楽の源
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
MOBILE
qrcode
<< 視野 | main | 日向夏の香り >>
ピアノのこと
2016.10.09 Sunday

JUGEMテーマ:音楽



ここ1ヶ月は雨が多かったせいもあり、アップライトピアノだと鍵盤がもたついてギリギリ弾きこなせてなかった部分が、良いグランドピアノだと驚くほどスラッと弾けてしまう。

よく、グランドピアノ弾いてるときはソロがいつもより長い!って言われるけど、当然かもしれない。


自分の状態、楽器の状態、音の響き、いろんな条件がある。

自分が限りなく無に近くなって音楽と繋がっていたいけど、そんないろいろな条件によって、それがフッと断ち切られたり、頭で考え始めた瞬間に音楽との繋がりが希薄になって、そのとき僕は言いようもなく寂しくなって音楽が途切れてしまったりするのだ。


ピアニストは、自由に楽器が選べないけど、どんなピアノでも個性を楽しんで弾くようにしているが、そんな気持ちや、実際にアップライトとグランドってだけでもそんな違いがあるってこと、わかって欲しいときもある。


そんな悩ましい今日の僕。

| comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nagamiyukitaka.com/trackback/1273022
この記事に対するトラックバック