永見行崇の論理

ピアニスト永見行崇・音楽の源
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
MOBILE
qrcode
<< 闇を照らす | main | 刺激をもらう >>
飛んで福岡
2013.11.24 Sunday
JUGEMテーマ:音楽


各地を飛び回ったりして季節感をしっかり把握できないまま福岡に飛んできました。


まずは、ブラジルから来日中のLica Cecato(gt & vo)さんのライブに急遽参戦。

Licaさんの向こうに僕の後ろ頭が・・・

Lica Cecato さんと

Licaさんとは初めてお会いしたのですが、日本語も堪能どころか7ヶ国語を話せるらしく、日本語やフランス語の曲も織り交ぜながら、力強い歌声とリズムが本当に素晴らしかったです。

終わってからもリズムやメロディーに関するお話を聞かせていただいて、自分の足元を照らされたような気がして大変参考になりました。

自分の道筋がきちんと正しい方向へ進んで行くためには、偉大な先達との共演やアドバイスは欠かせませんね。


そして、22日はサウンドプロデュースさせていただいた中嶋晃子さんのアルバム「あなたと未来の地球のお話」発売記念ライブでした。

彼女の声はとても特別で作る曲もとてもカラフルなので、それにピアノや鍵盤ハーモニカ、そして打楽器などを合わせていくのはとても楽しい作業でした。

インドネシアでマングローブの再生プロジェクトを推進しておられる山本亮氏の講演も興味深く聞かせてもらい、とても良いイベントになりました。


23日は、昼間に福岡のタワーレコードで中嶋晃子さんのレコ発インストアライブ。

中嶋晃子さんタワレコ福岡インストアライブ

自分がサウンドプロデュースした作品がCDショップで流れるのはウレシハズカシ・・・何度体験してもジーンときます。


夜のライブに向け、近くのイベントスペースで行われていた九州プロレスを観戦。

九州プロレス

田中純二選手の山笠ふんどしスタイルでの顔面オシリ攻撃にもめげず(実際はかなり嫌がっていましたが)、めんたい☆キッドと筑前りょう太チームの気合いに満ちた姿を見て、かなり元気をもらいました。


その感動が薄れぬよう、急いで夜のライブ会場「アトリエ穂音」へ。

ウクレレのzerokichiさんとのライブ「そろそろDUO」です。

比佐水音さんが描く素敵な日本画が並ぶ柔らかい空間でソロピアノを少々。

アトリエ穂音にて

鍵盤ハーモニカやSuzuki ANDES25F、打楽器類などを使ってzerokichiさんとDUO。

近くであったライブにゲスト出演するために来ていたギタリストのイシイタカユキ君にも急遽参戦してもらって、熱い火花を散らしてみたりもしました!!


もう少し福岡でのライブがありますので、皆様、チェックしてみてください!!


ダーッ!!!!
| comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nagamiyukitaka.com/trackback/1272983
この記事に対するトラックバック