永見行崇の論理

ピアニスト永見行崇・音楽の源
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
MOBILE
qrcode
映画「女子高生探偵あいちゃん」公開されてます!
2018.03.19 Monday

JUGEMテーマ:音楽



先日公開された吉本新喜劇の新作映画「女子高生探偵あいちゃん」を観に行きました。

女子高生探偵あいちゃん舞台挨拶予告

劇中音楽を担当させていただいたのですが、去年発売したアルバム『Plaisir』に収録した「雨上がりの寄り道」を要所要所で主人公あいちゃんのテーマ的に使っていただいた他にも、回想シーンやジーンとくる感動の場面などでもピアノ曲がうまく使われていて、エンドロールで「音楽 永見行崇」と出てきたときには感激してしまいました!

劇中音楽を作曲するときにPCやテレビ画面で見た映像とは違って、映画館で観るのは全身で映像と音楽を感じることができるので、それ以上のものも受け取れることができるんだなぁ、とあらためて体感しました。


初日と2日目に出演者による舞台挨拶が関東と関西で行われましたが、今週また関東3ヶ所で出演されたNMB48のみなさんによる舞台挨拶もあるそうです。

詳しくは、映画の特設サイトをご覧ください。
http://jk-detective_ai.official-movie.com/

笑いあり涙あり、なによりも家族愛、周りの人々とのふれあいに満ちた素敵な映画です。

小さい頃からテレビで週末放送される新喜劇を見て育ってきた僕にとっては特別な映画です。


是非映画館でご覧ください!!
| comments(1) | trackbacks(0)
四次元化計画シリーズ第三弾「CALM」発表!
2018.03.01 Thursday

JUGEMテーマ:音楽



春の気配をあちこちで感じるようになりましたねぇ。

そんな今日この頃、四次元化計画シリーズ第三弾になるCD「CALM」をリリースしました。

CALM 外観

今回は僕の穏やかな部分にスポットを当てた作品で、収録曲はピッタリ10分の曲が3曲。

自分の中心部分に雫がポトンと落ちて、ゆっくりと波紋が広がり、再び静寂が訪れる。

CDを聴き終わるまでちょうど30分の静かな時間。


静かで暗くあたたかい深い深い水の中、とりとめなくただようように即興的にピアノを弾く。

思わぬところで息が合ったり、別のことをしているのにどこかで繋がっていたり・・・

そんな偶然性を表現してみたくて、録音したピアノを聴きながらまた別の楽器を即興的に演奏してみました。



知らず知らずの内に自分の中に深く潜り込んでいくような、安らぎの30分になれば嬉しいです。


試聴はこちら、ご注文はこちらから!!

尚、CDをお買い上げた方には96kHz/24bit WAV のハイレゾ音源データを無料配布しております。

ご希望の方は注文時にその旨をお伝えください。


是非たくさんの人に聴いて欲しい作品です。

よろしくお願いします。
| comments(0) | trackbacks(0)
音楽のアイディアの源
2017.08.30 Wednesday

JUGEMテーマ:音楽



大好きな打楽器奏者、岡部洋一さんの教則DVD「岡部洋一 パーカッションズ・セルフアナライシス」が9/13に発売になります。

岡部洋一 教則DVD

岡部さんは数々のグループやレコーディングセッションなどで活躍されていて、最近では世界的なサックス奏者のデヴィッド・サンボーン氏のグループの日本公演のメンバーに選ばれたりと、名実共にトップ・パーカッショニストと呼ぶにふさわしい素晴らしいミュージシャン。

光栄なことに、僕もこのDVDに作曲、アレンジ、例題曲の演奏などで参加させていただきました。


音楽をする人なら誰しも、楽器を演奏するテクニックや、そのジャンル独特の表現方法(リズムやメロディーなど)を学びます。

しかしそれ以上に、偉大なミュージシャンがそのとき何を思ってその音を出したのか、どんなことを考えて音楽の流れを作り出しているのか、ということはすごく重要です。

特にいろいろな楽器を駆使する打楽器奏者は、どんな効果を狙ってどんな楽器を選ぶか、他の奏者のどんな部分を聴いて何をするべきか、常に考えているのです。


この教則DVDは、いろんなジャンルの例題曲をセッション的に演奏し、そこで演奏したことを岡部さんが自己分析し、テクニックやリズムパターンのみにとどまらず、楽器チョイスのコンセプト、フレージングのコンセプトなどを紹介するなど「音楽のアイディアの源」とも言うべき部分に焦点を当てた非常に実践的で有用な内容になっています。


打楽器奏者はもちろんのこと、アレンジをしている人、打ち込みなどで曲を作ってる人など、他の楽器の人もこういう考え方を知ることはすごく有意義だと思います。

僕自身、本気で打楽器を学んでみて初めてピアノという楽器を別の視点から捉えることができ、それによって様々なアプローチとして生かすことができるようになりつつあります。


日々勉強ですね・・・


ということで、この教則DVD、是非チェックしてみてくださいね!!
| comments(0) | trackbacks(0)
四次元化計画シリーズ第二弾発表!
2017.08.26 Saturday

JUGEMテーマ:音楽



ついに9/1に「永見行崇四次元化計画シリーズ」の第二弾をリリースします。

第一弾は、光に満ち溢れた美しいピアノが弾きたくて「Luz 〜光〜」とタイトルを付け、澄んだ響きとロマンティックなメロディーを全編ピアノソロで表現してみました。


第二弾は「Plaisir」というタイトルを付けて、喜びに溢れたアルバムにしました。

プレジール

Plaisir はフランス語で「喜び」 ・・・ “プレジール”と発音します。


今回はピアノソロではなく、鍵盤ハーモニカ、鍵盤リコーダー、トイピアノ、シンセベース、打楽器など、様々な楽器を多重録音して、楽しくにぎやかな感じ。

いろんな喜びの形や表情を音にしてみました。


1.二匹の蝶のワルツ
2.雨上がりの寄り道
3.Favorita
4.Gallop, Skip, Gallop
5.春のノラネコ大運動会
6.Le Petit Plaisir

全6曲入り1,500円


9/1の表参道のプラッサオンゼでのライブから発売開始します。

是非聴いてみて欲しい、とても素敵なアルバムに仕上がりましたので、よろしくお願いします。

| comments(0) | trackbacks(0)