永見行崇の論理

ピアニスト永見行崇・音楽の源
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
SEARCH
MOBILE
qrcode
今日から四次元化開始!
2017.02.04 Saturday

JUGEMテーマ:音楽



今日は“永見行崇 四次元化計画シリーズ”の第一弾「Luz」の発売日でした。

20170127_120250.jpg

いち早く先行予約していただいた方々、ありがとうございます。

明後日からのナショナルジャムズの九州ツアーにも持っていきますので、興味のある方はお声掛けください。


Luzはポルトガル語で「光」という意味。

聴く人が光に照らされるようなイメージの曲ばかり、シンプルに全曲ソロピアノで表現しました。

朝日、ろうそくの炎、希望の光・・・


実は、ソロアルバムで全曲ピアノのみの作品というのは初めてなのです。


このシリーズは、限定250枚になっております。

こちらからご注文承ってます。

是非聴いてみてください。

尚、注文してもすぐに自動返信メールが届かないという方は、迷惑フォルダなどに振り分けられていることがありますので、お手数ですが、今一度ご確認下さい。

それでも見当たらない方は、HPのメールフォームよりお問い合わせ下さい。

よろしくお願いします。
| comments(0) | trackbacks(0)
New Album 「Luz」リリースのお知らせ
2017.01.27 Friday

JUGEMテーマ:音楽



人にはいろんな側面がある。

物事を見るときもいろんな側面から眺めてみると、今まで気が付かなかったことが見えてきたり、新たな自分を発見できたりする。

そんなことをコンセプトにして、多角的に音楽をデザインする意味をこめて「office MMD(Multiple Music Design)」としてCDをプロデュースしたり、音楽だけにこだわらない活動もしてきました。


去年の8月に久しぶりにCD「KAGAMI」をリリースして、一枚のCDにいろんな“僕”を詰め込めたような気がしています。

だから、これからはそれを分解して、ある一面にスポットをあてた作品を作ることにしました。

ということで、2月4日に新しいCD「Luz」をリリースします。

四次元化計画シリーズ第一弾「Luz」

多角的に音楽をデザインする office MMD による“永見行崇の四次元化計画シリーズ”の第一弾です。

これから半年毎に4部作として発表していきます。


第一弾の「Luz」はポルトガル語で“光”という意味。

光に満ち溢れた美しいピアノが弾きたくて、ロマンティックなメロディーと澄んだ響きを全編ピアノソロで僕なりに表現しました。

そんな僕の一面、是非聴いてみてください。


詳細は後程!
| comments(0) | trackbacks(0)
大雪の日に九州へ!
2016.12.06 Tuesday

JUGEMテーマ:音楽



明日は「大雪」なのだそうだ。

今日は朝からなんとなく冬の風がピューピュー吹いてるな・・・と思ってたら、近所の神社のイチョウの木の黄色い葉が一気に落ちた。

見てたらそれはそれはきれいで桜の花びらが散るときにひけを取らないくらい幻想的だった。

ちょっと歩いてみると、昨日までたくさんの葉で彩られていた他の木も同じように一気に寂しげになっていた。


枯葉ってこんなふうに一気に落ちてしまうのですね。

何かが産まれるには、一度手放すってことなんだな、と思ったり。


そんな節目の季節、明日から九州地方に移動してライブをします。

8日@福岡市「cafe alikwa」 w/ 山村誠一(steel pan)

9日@福岡市「うめや」 w/ Zerokichi Okubo(ukulele )

10日@大分市「カフェりあん」 w/ flor

詳細はこちら


そして、明日の夜は、久しぶりにLOVE FM の番組「月下虫音」にもゲスト出演しますので、チェケラ!!

さらに、せっかくなので明日発売のパークハイツ楽団の1st CD 「FANTASY」も持って行きます!

パークハイツ楽団「FANTASY」

ちなみにパークハイツ楽団での九州遠征は今のところ未定なのでいち早く手に入れたい方は是非とも声をかけてください!

もちろん自分のCDも持って行きますので、こちらもよろしくお願いいたします!
| comments(0) | trackbacks(0)
山のような音楽
2016.11.30 Wednesday

JUGEMテーマ:音楽



自分の曲や作品に意味を持たせることは必要なのだろうか?といつも考えている。

例えば「山」


雪化粧を施した山々を目の前にすると、圧倒されてただただ見いってしまう、ということがある。

山には意味はない。

そこに存在するのみ。


そんなことを考えると、曲に意味を持たせるなんてちっぽけで、それこそ意味のないことのように思える。


そこに存在するだけて、意味もなく涙が出てくるような、そんな曲をいつか作りたい。
| comments(0) | trackbacks(0)